OPEN CITY MARUNOUCHI | オープンシティ丸の内|大丸有まちづくり協議会 有楽町に残る昭和のビルと、東京駅前広場・行幸通りの公的空間整備 街歩き解説ツアー(第2回) – OPEN CITY MARUNOUCHI

OPEN CITY MARUNOUCHI | 30th Anniversary 大丸有まちづくり協議会

ツアー&イベント

※お申込みにあたっては必ず利用規約をご確認ください

有楽町に残る昭和のビルと、東京駅前広場・行幸通りの公的空間整備 街歩き解説ツアー

有楽町地区に残る昭和30~40年代のビルには、当時の職人の技や芸術が残っています。また大丸有地区の中心である東京駅前広場と行幸通りの延伸整備が2017年12月に完成しました。これは1914年の東京駅赤レンガ駅舎竣工から考えると100年を超える歴史の中で段階的に整備されてきたものです。このプログラムではそういった歴史を紐解きながら解説し、有楽町ビルをスタートに仲通りを中心に31mの各ビルを訪ね、行幸通りへ至るコースを案内します。

集 合
有楽町ビル1F 有楽町駅側エントランス
日 程
10月5日 11:00〜12:30
定 員
10名
参加費
500円(税込)
協 力
三菱地所プロパティマネジメント株式会社
三菱地所株式会社
見学場所(予定)
有楽町の建築(有楽町ビル、新有楽町ビル、国際ビル、東京ビル)→アーバンデザイン(行幸通り、東京駅前広場)
注意事項
※歩きやすい格好でご参加ください。